フリータイムで調律が学べる

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
Tel.03-5458-2990
トップページ > 授業内容

授業内容Curriculum

ピアノの構造

調律は音の高さを合わせる作業だけです。
タッチや音色の揃った弾き心地の良いピアノに仕上げるためには、楽器の構造を良く理解し、ピアニストの要求に的確に応えられなくてはなりません。

現在のピアノは、基本的に88の音を持っています。
1つの音に対する弦の数は、最低音域では1本ですが、低音域では2本、中音域以上では3本が一般的で、弦の総数は200本を超えます。

弦は「ミュージックワイヤー」と呼ばれる特殊な鋼線で、低音域では質量を増すために銅線を巻きつけてあります。演劇の舞台などで吊り物に使われるワイヤーを「ピアノ線」といいますが、これはピアノの弦とは異なる物です。 1本あたりの張力は70~80kg重程度で、全弦の張力の合計は20トン重にも及びます。 ピアノが現在の音量を出せるようになったのは、この張力に耐える鋼製のミュージックワイヤーと金属のフレームが使われるようになってからです。 この金属フレームおよびそれを納める木製のケース、足、弦、アクション機構などによりピアノの重量はほかの楽器に比べて桁違いに重く、アップライトピアノで150k9~250k9、グランドピアノでは250kg以上、コンサート用グランドピアノでは500kgを超えます。

ページトップへ戻る

鍵盤・ハンマーアクション

「鍵盤を叩くと、連動した様々な部品がその力を伝え、ハンマーが弦を叩いて振動させる」 この仕組みをアクションといい、主にタッチ(弾き心地)を担当しています。 1つの音を出すのに、約70~80個の部品が必要で、木・羊毛や布・金属など異なった素材から形成されるアクションは、細かい調整によってバランスを保っていますが、温湿度など環境の影響も受けやすく、年月や任用頻度によっても消耗や調整の乱れが発生します。 水平に張られた弦を下からPPく平型のグランドピアノと、垂直に張られた弦を前後運動で叩く縦型のアップライトピアノとでは、アクション機構に決定的な違いがあります。

例えば、ハンマーの水平運動によって発音できるグランドピアノでは、ハンマーが自重で速やかに戻るため素早い連打ができるなど、よりプロの高度な演奏テクニックや表現力に応えられる構造になっています。 鍵盤そのものは木でできており、かつては白鍵部分に象牙を、黒鍵部分には黒檀を貼っていること多かったのですが、現在では合成樹脂製や、象牙や黒檀の質感を人工的に再現した新素材(人工象牙、人工黒檀)などが採用されています。

ページトップへ戻る

ペダル

ピアノには、2本または3本のペダルがあります。 第1は一番右のペダルでダンパーペダルと呼ばれます。このペダルを踏むと、すべてのダンパーが離れ、打鍵した音が伸びます。ペダルを放すとダンパーが戻り、伸びていた音は止まります。またペダルの踏み込み具合を半分などに調節することで、音の反響具合を調節することもできます。 第2は一番左のペダルで、ソフトペダルもしくはシフトペダルと呼ばれます。 このペダルを踏むと、グランドピアノでは、鍵盤とアクションが全体的に少し右側にスライドし、通常弦を叩いている位置から少しずれた、ハンマーフェルトの柔らかい部分で打弦することによって音色を変えることができます。アップライトピアノでは、ハンマーと弦の距離が短くなることにより、若干音量が弱くなります。

第3は中央のペダルで、グランドピアノでは、ソステヌートペダルと呼ばれます。 ある特定の音を弾いた直後にこのペダルを踏むと、その昔だけを伸ばしておくことができます。ダンパーペダルの使用だけでは、ハーモニーが濁ってしまうときや、音域の離れたところの、ある1音だけを残しておきたいときなどに使用します。 アップライトピアノでは、弱音(器)ペダルとも呼ばれ、夜間練習などのために、弦とハンマーの間にフェルトを挟んで、音を弱くするもので、踏み込んだペダルを左右いずれかにずらすことでロックされ、踏みっばなしにしておくことができます。

ページトップへ戻る
Copyright(C) takagi klavier piano academy All Rights Reserved.